ニュース NEWS

  1. ホーム
  2. ニュース

ニュース一覧 NEWS

KANAGAWA 女子サッカーアウォーズが開催されました。(2018.02.24)



本日、神奈川県サッカー協会 女子員会が主催する、
第4回 KANAGAWA女子サッカーアウォーズが開催されました。

スポーツ傷害保険・JFA選手登録等に関する講習を行った後、
2017年度の表彰式、並びに懇親会が開催されました。

 

表彰式において、日体大FIDLES横浜は以下の表彰を受けました。

 【サテライト】
  神奈川県リーグ1部「優勝」
  皇后杯予選「フェアプレー賞」
 <小橋えりか選手>
  神奈川県リーグ1部「優秀選手賞」

 

【サテライトC】
  神奈川県リーグ2部「3位」
 
【U-15 Biene Aoba(A)】
 神奈川県ユース(U-15)リーグ3部「優勝」
 

日体大FIELDS横浜は、140名を超える全ての選手が、年間を通して
公式戦を経験しながら成長することができる体制を整えております。
このような環境を与えて下さる神奈川県サッカー協会をはじめとする
全ての関係者の皆さまに、改めて感謝申し上げます。

「HACHI」さんによる応援ソング制作決定のお知らせ(2018.02.23)


この度、日体大FIELDS横浜の応援ソングをミュージシャンの
「HACHI」さんが制作して下さることになりましたのでお知らせ致します。

 

日体大FIELDS横浜の活動拠点である、
横浜市青葉区(青葉台)で生まれ、青葉台で育った「HACHI」さんは、
『自らの音楽で日体大FIELDS横浜を応援したい!多くの仲間を巻き込んで応援したい!
 スポーツと音楽の力で、このまちの暮らしをもっと素敵なものにしたい!』
そのような熱い想いを、何度も何度もクラブに伝え続けて下さいました。
そして、この度日体大FIELDS横浜の応援ソングを制作していただくこととなりました。

 

日体大FIELDS横浜は、「HACHI」さんによる素敵な応援ソングが完成することを楽しみに、
2018プレナスなでしこリーグの開幕(3月21日)に向けて、準備を加速して参ります。
皆さま、どうぞご期待ください。

 

「HACHI」さんの Official Web Page はこちら

 

横浜市長を表敬訪問いたしました。(2018.02.21)



昨日、2017プレナスなでしこリーグ2部 優勝の報告、並びに、
2018プレナスなでしこリーグ1部 開幕に向けての決意表明のため、
 横浜市長(林文子市長)を表敬訪問いたしました。

 

懇談の場面では、林文子市長より熱い激励をいただきました。
また、「選手の皆さん本当に素敵!」といった嬉しいお言葉もいただきました。

 

横浜市初のなでしこリーグ1部クラブとして、
横浜市の皆さまから愛されるクラブを目指して邁進して参ります。

新監督就任のお知らせ(2018.02.21)


2018年シーズン日体大FIELDS横浜の監督に小嶺栄二が就任しましたのでお知らせ致します。
前監督の矢野晴之介は、クラブの代表としてクラブ全体の総括に専念することとなりました。 

 

◆ 小嶺 栄二(こみね えいじ)

【生年月日】   1982年5月18日

【出身地】    長崎県

【指導者資格】  日本サッカー協会 公認A級コーチジェネラル

【経 歴】

 <選手歴>
   長崎県立国見高校
   日本体育大学(主将)
   V・ファーレン長崎
  
 <指導者歴>
   日本体育大学サッカー部 コーチ
 
  長崎県立国見高校 監督
 

【小嶺栄二コメント】

2018年シーズンより、日体大FIELDS横浜の監督を
務めさせていただくことになりました小嶺栄二です。
あますところなく自身の力の限りを尽くして取り組んで参ります。
皆さまからの熱いご声援をよろしくお願い致します。

 

【矢野晴之介コメント】

夢であった「なでしこリーグ1部昇格」を、素晴らしい選手・
スタッフに囲まれて果たせたことは、私の人生の宝物になりました。
昇格に伴い、新しい監督を招聘し新体制となりますが、
変わらぬご支援とご協力を賜りたいと存じます。

日体大FIELDS横浜 退団選手のお知らせ(荒川恵理子選手)(2018.02.09)


2017シーズンをもちまして、弊クラブの荒川恵理子選手が、
ちふれASエルフェン埼玉へ移籍をすることになりましたのでお知らせ致します。

 

荒川 恵理子(あらかわ えりこ)選手 

【生年月日】    1979年10月30日

【ポジション】   FW

【出身地】     東京都 練馬区

【身長/体重】   166cm/57kg

【利き足】     右足

【ニックネーム】  がんちゃん

【経 歴】

 <所属チーム>
 日テレ・ベレーザ ⇒ FC Gold Pride(アメリカ)
 ⇒ 日テレ・ベレーザ ⇒ 浦
和レッドダイヤモンズレディース
 ⇒
ASエルフェン埼玉 ⇒ 日テレ・ベレーザ
 ⇒ ちふれASエルフェン埼玉 ⇒ 日体大FIELDS横浜


  <主な日本代表歴>
 2003年 FIFA女子ワールドカップ
 2004年 アテネ五輪(ベスト8)
 2005年 東アジア女子サッカー大会(3位)
 2006年 アジア競技大会(準優勝)
 2007年 FIFA女子ワールドカップ
 2008年 
東アジア女子サッカー選手権大会(優勝)
       AFC女子アジアカップ(3位)
       北京五輪 (ベスト4) 

 2011年 アルガルベカップ(3位)

 

【選手コメント】

2017年シーズンをもちましてクラブを退団する事になりました。
日体大FIELDS横浜でしか、味わえない事、初めて経験させていただいた事も多く、
サッカーだけでなく、私自身の学びの場でもありました。
クラブ全体で勝つ為に応援、支えてくれる大勢の選手達の姿勢には、本当に熱く胸を打たれました。
また、日体大というチームの一体感を強く感じる事ができました。
私がここでサッカーをする事ができたのは、監督、日体大スタッフの皆様、
チームを支えてくださったスポンサーの方々、応援してくださった地域の方々、ファンの方々、
そして、一緒に戦った選手の皆の支えがあったからです。
一年間、本当にありがとうございました。

 

日体大FIELDS横浜 退団選手のお知らせ(伊藤香菜子選手)(2018.01.22)


2017シーズンをもちまして、弊クラブの伊藤香菜子選手が、
ちふれASエルフェン埼玉へ移籍をすることになりましたのでお知らせ致します。

 

伊藤 香菜子(いとう かなこ)選手 

【生年月日】    1983年7月20日

【ポジション】   MF

【出身地】     東京都 練馬区

【身長/体重】   161cm/51kg

【利き足】     左足

 

【経 歴】

 <所属チーム>
 日テレ・ベレーザ ⇒ ASエルフェン埼玉
 ⇒ INAC神戸レオネッサ ⇒ ちふれASエルフェン埼玉 ⇒ 日体大FIELDS横浜
 

 <主な日本代表歴>
 2001年 AFC女子選手権(準優勝)
 2007年 北京五輪アジア最終予選
 2012年 アルガルベカップ
 (準優勝)  

 

【選手コメント】

2017シーズンをもちましてクラブを離れることになりました。
ここでしかできない経験、出会いがありました。
カテゴリーを超えて応援しあう選手の姿には多くの学びがありました。
練習や試合での数々の場面や何気ない日常は、今も鮮明に覚えています。
感謝の想いと共に、過ごしたかけがえのない時間をこれからも忘れません。
応援して下さったスポンサーや地域の皆様、クラブに関わるすべての皆様、選手のみんな、
一年間本当にありがとうございました。

日体大FIELDS横浜 退団選手のお知らせ(平野聡子選手)(2018.01.22)


2017シーズンをもちまして、弊クラブの平野聡子選手が、
現役を引退をすることになりましたのでお知らせ致します。

 

平野 聡子(ひらの さとこ)選手 

【生年月日】    1986年11月20日

【ポジション】   DF/MF

【出身地】     神奈川県 横浜市 青葉区

【身長/体重】   169cm/58kg

【利き足】     右足

 

【経 歴】

 <所属チーム>
 あざみ野FCキティーズ 
⇒ FCすすき野レディース
  ⇒ 日本体育大学 ⇒ スペランツァFC大阪高槻 ⇒ 日体大FIELDS横浜
             
(コノミヤ・スペランツァ大阪高槻)

 

【選手コメント】

この度、日体大FIELDS横浜の退団と現役引退することになりました。
チームの大きな目標であった「一部昇格」の達成は自分にとっても大きな喜びでした。
その喜びを分かち合うことができた日体大FIELDS横浜のスポンサー、サポータ、スタッフ、チームメートの方々、
そして家族には、ご支援、応援、ご指導、プレーなどで本当にお世話になりました。
この場をお借りして、心からお礼申し上げます。ありがとうございました。
今後はスタンドから熱き戦いを観戦したいと思います。

同窓会ページ 更新のお知らせ(2018.01.17)

同窓会ページに新しい情報が掲載されましたのでお知らせ致します。

 

 ・第69回全国高校サッカー選手権大会 激励会・懇親会《報告》 (2018.01.17)

 

同窓会ページはこちら

〜審判部・今シーズン活動終了報告〜(2017.11.28)

まだまだご存知の無い方が多くいらっしゃると思いますが、日本体育大学男子サッカー部には”審判部”があり、積極的な活動を行っています。

関東リーグやインディペンデンスリーグの公式試合をはじめとし、日頃の練習試合など審判活動を、選手活動と同時に担ってくださっている方々です。

 

審判員を目指している方も多くいらっしゃるので、来シーズンから一緒に活動してみたい方がいらっしゃいましたらサッカー部まで是非ご相談下さい!もちろん審判活動のみ専念したい方も大歓迎です。

 

<審判部4年生コメント>

〜佐藤慎也/部長〜
審判部として活動した四年間は本当にあっという間でした。選手としてではなく審判という立場からサッカーに携わることで、試合中に審判員が感じていることやメンタル状況などを学ぶことができ、選手活動にも活かすことができたと思います。
審判合宿なとでは審判部以外の学生にも参加して頂き、たくさんの方々の支えがあったからこそ四年間活動することができたと思っています。本当にありがとうございました。
これからも審判部発展のために後輩たちが活躍してくれることを期待しています。

 

〜関口雄飛〜
「高校時代の恩師のようになりたい」と日体大に入学し、選手としてサッカー部に入部してから4年が経過した私は、審判員として日本のトップリーグを目指しています。
恩師に教えていただいたサッカーの楽しみを子供達へ伝えるため、自らの身体を使い1級審判員としてトップリーグを担当することこそがこれまで私にサッカーを続けさせていただいた皆様への最大の恩返しであると考えています。
4年間の審判部の活動の中で、厳しい試合もたくさんありましたが、その試合を担当した4人の仲間とともに協力して乗り越えてきました。試合を終わらせ、ロッカールームに戻ったあとに互いに力強い握手を交わす瞬間が私にとって最高のご褒美でした。
進路はそれぞれであるため、おそらく審判員をやめる者もいますが、長い時間をともにし、且つ様々な困難を乗り越えてきた仲間は”最高の財産”であることには間違いありません。
数年後、十数年後にトップリーグの試合後のロッカールームで審判部の仲間と力強い握手ができるよう、私もより一層努力するとともに、後輩にも期待します。
これまでご協力いただいた日体大サッカー部のスタッフの皆様や関係者の皆様、ご指導いただきました審判部の諸先輩方や関係者の皆様、本当にありがとうございました。

 

 

〜今成彰人〜
自分は途中からの入部で審判部として審判活動をさせていただきましたが、いろいろと貴重な体験をさせていただきました。
今までは選手としての立場からしか関わってこなかったサッカーも審判の立場から関わることで今後のサッカーとの関わり方に幅が広がったと思います。
これから審判部が発展するためには後輩達の力が必要なので頑張って欲しいと思います。

 

 

〜大泉拓〜
日体大サッカー部、審判部として4年間の活動が終わり、振り返るとサッカー漬けでとても充実した幸せな4年間でした。
選手と審判を並行して取り組むのは大変でしたが、選手と違う立場から見ることで、プレーするだけではないサッカーの魅力を感じることができました。
今後は、この経験を生かせる場を探し、審判活動を続けていきたいです。
この活動ができたのも、理解し協力してくれたスタッフ、選手、審判部員がいたおかげです。ありがとうございました。

 

 

〜筒井勇気〜
この4年間での審判部での活動は、私にとって大きな財産となりました。1、2年生のときは先輩方からたくさんのご指導をいただき成長できたと思います。3年生になると成長の成果が出て2級に昇級しました。4年生になると初めて全国大会を経験できました。
こうした成長ができたのは審判部のおかけです。

日体大には、関東大学リーグ、Iリーグ、トレーニングマッチなどレベルの高い試合が準備されています。そこでの経験は大きいです。また、先輩と後輩の深い関係性があり、そこが大きなメリットだと思います。OBの方々との関わりも深く、審判だけではなく、人生における様々なことを学ぶことができました。社会に出て行く上でプラスなことばかりです。
将来はJリーグのピッチに立てる審判員になれるように1級を目指して頑張っていきます。また、皆さんと再会できることを楽しみにしています。

 

〜木村一太〜
私は2年生から審判部に入部し、活動をさせていただきました。関東リーグやIリーグ、トレーニングマッチ等、多くの試合に関わらせていただきました。選手とは違ったサッカーの楽しさ、面白さを知ることが出来たと思います。とても良い経験をさせてもらいました。
まだ審判に興味のない選手にも興味を持ってもらい、審判員として日体大サッカー部を盛り上げてもらいたいと思います。
選手としても審判員としてもとても充実した期間を過ごすことができました。お世話になりました。ありがとうございました。

 

〜伊藤啓佑/応援団長〜
審判部の活動を通して、様々な形でサッカーという競技に携われ、少しでも日本体育大学サッカー部に貢献出来たことはとても大きな経験でした。それらの経験はサッカーを自らがプレーする上でも相手チームや審判へのリスペクトの面でいきていました。
最後の年はDチームのキャプテン、応援団長との兼任で、審判活動を優先することは難しかったですが、嫌な顔せず応援してくれた審判部の仲間には感謝しています。また審判部へ誘っていただいた先輩、切磋琢磨した後輩、活動を支えてくださったスタッフにも感謝しています。
今後も迷惑をかけるかもしれませんが、審判部の活動へのご理解とご協力をよろしくお願い致します。
4年間ありがとうございました。

 

今シーズン本当にお疲れ様でした。

こちらも様々なサポートができるよう発展に努めますので、また新シーズンからも宜しくお願い致します!

 

インカレ 準々決勝 試合結果のお知らせ(2017.12.28)



 ~第23回 全日本大学女子サッカー選手権~

【準々決勝

 2017年 12月 28日(木) 11:00 Kick off

  @三木総合防災公園みきぼうパークひょうご第1球技場

 

 日本体育大学 vs. 大阪体育大学

   0   -   1

 ( 前半: 0   -   0 )

 

1 / 1112345...10...最後 »
  • 同窓会
  • 日本体育大学 日本体育大学女子短期大学部
  • 日本体育大学 なでしこリーグ
  •         
PAGE TOP